印西でのくらし

グループホームとは?

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは、認知症の方を対象にした専門的なケアを提供するサービスです。ご入居者様が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、グループホームに入所し、家庭的な環境と地域住民との交流の下で、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを受けます。
当グループホームでは、1つの共同生活住居に9人の少人数のご入居者様が、介護スタッフとともに共同生活を送ります。

いきいきの家 印西でのくらし

1日の過ごし方

画像:グループホームの一日

体操や歌を歌うこと、ボール遊びなどのレクリエーションの時間があったり、リビングで談話したりと他のご入居者様の方や職員との交流も活発です。
自室では、ご自宅で使用されていた家具に囲まれ、自由にゆったりとお過ごしいただけます。
安全で快適に、ご入居者様ごとに「自分らしい」生活を送っていただいています。

ケアについて

画像:ケアについて

毎日、決まった時間にバイタル(体温、血圧)測定を行い記録に残しています。

年間行事・イベント

画像:年間行事イベント

誕生日会、納涼祭、敬老会、クリスマス会、初詣等を行っています。また、ドライブを兼ねて、外食に行く事もあります。

医療との連携について

病院との連携

千葉北総内科クリニックの医師が月2回、看護師が週1回ずつ訪問いたします。他病院への受診もいきいきの家印西の職員が付き添うことが可能です。